綿を育てましょう
綿はあおい科の一年草で、世界中で約40種類あります。
繊維の短いアジア綿、コットンボールが大きく繊維の長い
新大陸系の綿などがあります。
【 種まき 】 * 時期 4月下旬〜5月上旬
        * 土   水はけのよい弱アルカリ性の土(あらかじめ石灰をまいておく)
             鉢植えするときは、八寸以上の深鉢を用いる
        * 種   繊維を取り除き、一昼夜水につけておく。
             畑にまくときは、30センチは間隔を取るとよい。

【 成長 】   1. 種まき後一週間くらいで芽を出す。苗が混んでいる時は、間引きをする。
        2. 発芽後一ヶ月ほどはあまり成長せず、根を張る時期なので根ぐされをおこ
          さないように注意する。
        3. 7月に入ると急速に成長する。適当な丈で芯を摘むと花付がよくなる。
        4. 7月下旬頃から花が咲き始める。花は1日だけ咲き、その後緑色の実が
          ふくらむ。
        5. 開花後50〜60日で実がはじけ、やがて綿のセンイがふっくらと吹き出る。

【 肥料 】  * 元肥  窒素系肥料(鶏ふん、油かすなど)
             種まきのとき木草灰をまくとよい。
       * 追肥  成長期にようすを見て与える。(窒素系肥料をやり過ぎない)

【 害虫 】  * 発芽時期には、よとう虫など土中害虫に注意する。
        * 7月〜8月には、葉につく害虫をこまめに取り除く。
綿の種を差し上げます。(4種類あります)ご希望の方は蔵までお越しください。
戻る