知多のハタゴ
                     知多木綿の歴史

知多木綿の歴史は、江戸初期の慶長(けいちょう)年間(1596年〜1615年)に江戸送りが始まった、と伝えています。初期には生白(きじろ)木綿として生産され伊勢に送られて 「伊勢晒(さらし)」とか「松坂晒」として江戸に送られたといいます。
 その後、江戸中期の天明年間(1781年〜1789年)に岡田村の中嶋 七右衛門らが晒技術を導入して以来、『知多晒』としての名声が高まり、江戸送り、日本一ともいわれるようになりました。
 耕す土地は狭く、副業もわずかであった知多の村々では、糸車を回して糸を紡ぎ、ハタゴでの機織りは、子女衆の大切な仕事でした。また、家々では 自家用に『家(うち)織り』と呼ばれる紺を 主とした縞木綿も織られてきました。
 明治中期に、岡田村の竹内虎王(とらおう)が自動織機を発明し、生産向上が図られましたが、豊田佐吉の自動織機の発明と普及には、追い付けませんでした。
 近年では、知多・松坂・泉州が日本での三大綿織物生産地といわれ、機械 の自動化も著しく、消費者の好みに応える高級、高品質の綿布が大量生産さ れました。しかし、現在主力生産は、アジア諸国に移り日本各地の生産地は 衰退しています。そのような中、昔ながらの知多のハタゴによる手織り木綿の 風合いは格別で、機ごしらえの作業に先人の工夫が偲ばれて、知れば知るほど味わいの尽きないものです。

主 な 特 徴
* 木綿機で、華奢な造りになっている
* かまちを釣る所が鳥居の形をしている
* 糸そうこうの技術が残っている
知 多 木 綿